多くの人が悩むうつ病、完治に有効な薬と治療方法を知る

さまざまな薬

黄色と白の薬

多くの種類

うつ病に有効とされる薬には、多くの種類があり、それらが持つ効果や副作用は異なります。その中には、三環系抗うつ薬や四環系うつ薬やその他には脳の神経伝達物質に働きかけるものがあります。現代のうつ病治療で最も多く使用される薬には、SSRIと呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬と、SNRIと呼ばれるセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬があります。こういったものを服用させる意味としては、異常をきたした神経伝達物質が再取込される事を防ぐ事で、正常な働きをするセロトニンらを増加させる事にあります。そうする事によって脳の情報伝達をスムーズに促す事になるのです。「抗うつ薬」とはうつ病の薬で、主にうつ状態の軽減を目的としています。 その種類は大きく分類して、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、MAO阻害薬になります。 (MAO阻害薬は、ある種の患者にはたいへんよく効果があるようですが、副作用により使いにくく、現在の日本ではあまり流通していません。) SSRI、SNRI、四環系、三環系となるに従って効果が大きくなりますが、同時に副作用も大きくなります。 みな効果があらわれるのには、2週間〜1か月程度の時間が必要です。 抗うつ薬の他にも、場合によっては抗不安薬(日常生活に支障が出るほど、緊張や不安が強い場合)や、睡眠導入剤なども処方されます。 それぞれの薬の特徴や作用、副作用を自分でチェックしていくことは、とても重要になります。

適切な服用方法

病気の治療に薬は欠かせないものになりますが、その服用方法を正しく行なわなければ大きな効果を望む事が出来ません。服用を始めてから最初の効果が出るまでに、数週間は掛かるとされています。効果が現れ、それからさらに倍の時間を使って状態の変化を観察する事が必要となります。時間の掛かるうつ病治療だと言われているので、うつ病患者も医者も根気よく継続する事が一番効果的なのです。

伴う副作用

多くの副作用を伴う可能性があるので、体に吐き気や便秘、倦怠感などといったものがみられたら医者に相談しましょう。この副作用は、治療に対する効果よりも比較的早く出てくるでしょう。治療の効果が出ないのに、副作用で苦しくなると治療に対してのやる気が阻害されてしまう事もあります。しかし、それに滅入る事なく副作用に対しての対策も取りながら、医者と共にうつ病治療に励みましょう。

併用する他の薬

うつ病治療の中では、基本となる抗うつ薬の他にもその効果を高める為に他の薬を併用する事があります。その併用する薬の中には睡眠薬もあります。うつ病を発症させて不眠が生じる人もいます。うつ病治療の中では充分な休養を取る事も大切だとされているので、快適な睡眠の為に睡眠薬も服用するのです。睡眠薬は服用しすぎるといけないので、用法用量を守る事はきちんと守りましょう。

うつ病の、1回の治療費とは。

うつ病は、風邪や骨折などとは違って、治療のためにどのくらいの時間を要するのかがはっきりとわかりません。 数か月で治る人もいれば、1年、2年と長期にわたって治療が必要な人もいます。 「患者個人の病状や環境で、治療期間が異なる」 これが、うつ病の大きな特徴といえます。 うつ病の基本的な治療は健康保険の対象となり、治療費の3割を負担することになります。 初回は、診察と薬代で5000円、その後は2週間に1度のペースで3000円くらいになります。 また、長期にわたって治療が必要になりそうな場合は、医師と相談して「自立支援医療制度」の手続きをすることをお勧めします。 3割負担だった治療費が、「自立支援受給者証」の提示によって1割にまで減額されます。